社会人 2年目 転職

社会人2年目で会社の待遇に不満が募ってます。正直、辞めたいです

社会人2年目で転職は成功しますか?

 

今、初めて転職しようと思っている人は、2年目で辞めるような自分が転職できるのか不安に思っていると思います…

 

周りに自分と同じタイミングで転職した人はいないし…、いっそ転職ができないなら転職なんかしたくない!というのが本音だと思います。

 

転職はデリケート!やり方を間違えると失敗する

 

社会人2年目の方でも転職できるている人はいますが、転職は本来デリケートやものです。やり方を間違えるとうまくいくものもいかなくなります。

 

餅はもち屋!転職は転職のプロに仲介してもらう♪

 

そんな転職ですが、やはり転職には転職のプロといっしょに進めるのが良いですし、それが普通です。家を借りたいときに不動産屋さんに行くのと同じです。専門の人に仲介してもらいます。自分で大家さんと話す人はいませんし、大家さんも煙たがります。

 

目次

 

1 転職者の味方!お勧めの転職サイト!

2 入社2年目で転職が成功する4つの理由!

3 実際の転職活動はどうだった?

4 転職する前に注意したい5つのポイント!

5 まとめ


1. 転職者の味方!お勧めの転職サイト!

1.1 マイナビジョブ20S

社会人2年目の方が転職サイトを利用するならマイナビジョブ20Sがお勧めです☆ここは20代の転職に特化した求人サイトで、20代の転職したキャリアアドバイザーが在籍しております。他のサイトと異なるのが、求人も20代に特化したものを取り扱っています!

 

・年齢 23〜29歳 ・住所 東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、三重、岐阜、大阪、京都、奈良、兵庫 ・就業経験がある方を対象になります。本気で今の状況から抜け出したい方はマイナビジョブ20sのサイトから登録して、まずはキャリアアドバイザーの方とアポイントを取るところもまでやると良いですよ☆

 

 

>>マイナビジョブ20Sの詳細はこちら<<

 

 

1.2 リクルートエージェント

あとリクルートエージェントもお勧めです!リクルートエージェントはマイナビ20Sのような条件はありません。マイナビが利用できない人はリクルートを使うと良いです。知っている人もいるかもしれませんが、リクルートは日本を代表する仲介会社のひとつです。この業界のパイオニア的な存在で、まだまだ力を持っています。

 

担当者の方も親近感を持てる人なので対応も良かったです。

 

こちらも同様でまず登録してキャリアアドバイザーの方とアポ取るまでやってみてください

 

 

>>リクルートエージェントの詳細はこちら<<

 

 

1.3 リクナビNEXT


あと20代で転職するならリクナビNEXTと使えます。ただキャリアアドバイザーを通さずに自分の職歴などをシステムに登録して、気になった求人に自分で申し込んで転職を進める流れになります。

 

私としては初めての転職は自分で進めずにキャリアアドバイザーを通してやったほうが転職まで近道と思います。やっぱり転職は転職でアルバイトやる感覚とはちょっと違いますから、プロのアドバイスを受けたほうがいいです。

 

でも自分ひとりで転職を進めたいという人もいると思いますので、そうする場合はまずリクナビNEXTに登録して良い求人を待ってみるといいですよ

 

>>リクナビNEXTの詳細はこちら<<

 

2. 入社2年目でも転職が成功する理由

 

でも、そもそも入社2年目でも転職できると思いますか?それは、世の中の企業のそれぞれの思惑が絡みあった結果といえます。ここでは4つの理由を上げたいと思います。

 

2.1 企業の人材採用は流動的

 

今の企業の人材採用は流動的です。新卒で採用したい人数が自社の希望と違うため、その穴埋めのため、年の近い人たちを中途で補強する場合もあります。また、従業員の年齢別比率が60代よりと高いため、バランスを取るために20代の採用を開始するというところもあります。

 

企業にとってもっとも大事だったのは、人だったりしますからね。戦略を考える上で、人の採用をそうするのかという問題ができてきます。新しいプロジェクトをやり始めるときもそうです。企業の状況・立場から人材は流動的なのです。

 

2.2 若い人材を求める企業はある

 

今、日本には会社と呼ばれる組織は430万社(大企業+中小企業)があります。上で記載したように、この430万社には、各々の事情があります。その事情の中には、社内の従業員の平均年齢が上がってきたため、バランスを取るために、若手の採用を希望しているところがあったりします。

 

また今年の新卒採用で、目標の人数を確保できなかったため、年の近い若手の補強を考えているところもあります。これだけの数の企業があるため、若手を求めていない企業がないはずがないです(-_-)

 

2.3 20代にはポテンシャル採用がある

 

また20代にはポテンシャル採用という枠を企業が用意している場合もあります。これは一度は別の企業で働いていても、まだ自社の将来の幹部候補として働けるために用意しているものです。といってもこれは日本企業にある考え方です。30代でポテンシャル採用なんてありません(-_-)

 

そのため30代40代よりも20代のほうが、異業種への参入壁が低く、転職に幅がある場合が多いです!20代のほうが転職しやすい理由はこういったところにもあります。

 

1.4 1度の退職ぐらい気にしない

 

そして最後に採用を希望している企業は一度ぐらいの退職は採用を見送る決定的な理由になりません。それなら、中途の若手に採用活動なんかしないはずですし。若手の中途は、みんな退職してますしね(-_-)

 

それよりも次へ意欲的に取り組む姿勢があるのかを観ています!逆にそれがないと、コイツ大丈夫かな…と採用に前向きに企業でも心配になるケースがあります。次に向けて頑張る姿勢!コレが、転職を決めるポイントいっても過言ではないです。

3. 実際の転職活動はどうだった?転職した後と前!〜私の転職アレコレ

 

あと実際に転職したどうなったかも気になる人は多いと思います。ここでは転職する前とした後に私自信がどうなったのか書きたいと思います。

 

3.1 意外に次の企業はすんなり決まった☆

 

まず友達とかによく聞かれるのが、転職するまでにどれぐらい時間がかかったのか?私の場合はそんなに時間はかかりませんでした。転職活動を始めて、1ヶ月ぐらいで次のところが決まりました。

 

これは履歴書・職務経歴書も用意して、あとは企業側の面接のみという状態です。面接日まで面接対策を実施して面接に望みます。自分なりに次の仕事内容や希望があるなら、希望と合いそうなところがあたっていきます!

 

やっぱり転職始めての方はどのように転職活動を進めていったらいいかわからないと思うので、転職エージェントを利用したほうがイイです。

 

3.2 仕事が変わると毎日イヤな思いをしなくてすむ!

 

朝起きる度に仕事に行きたくないと思いながら出社することは相当なストレスでした。今日も残業しなくてはいけないのか、上司の意味のない付き合いに誘わるかもしれないなど、、、

 

それが仕事が代わり職場が変わり、毎日仕事に行くことがイヤにならなくなると心に余裕が出てきます。自分に余裕がないときは人にやさしくすることなどまったくできませんでしたが、仕事へのストレスがなくなると自分に余裕ができ、以前よりもイライラすることがなくなりました。

4. 転職する前に注意したいこと〜今振り返ると言える5つのポイント!

ここでは私の転職経験から転職する際に注意したほうが良いことをご紹介します。こういうことって今までなんで誰も教えてくれなかったの?って思うぐらい考えるべき内容だと思います。

 

4.1 真剣に次の仕事内容(職場)を吟味する!

 

最初の仕事に失敗するのは、仕事内容・職場(人間関係)に馴染めずに辞める人が7割以上と言われています。日本人は内輪意識というものがあり、1人だけ突出した価値観や言動をすると目をつけられるということがあります。

 

仕事ができるかどうかは社内の人間関係と言われますが、これは90%ぐらいあたってます。社内で立ち回りができない人は自分の価値観、習慣と同じような企業に就職すべきなのです。

 

周りの状況に合わせて言動や価値観を柔軟に変えられる人は、何色にも変えられるなので、例え組織が変わっても十分にやっていけます。でもそうでなければ合うところに入るべきです。

 

4.2 転職先は5つ以上メリットがあるところにする

 

社会人2年目で転職するにしても前職よりも良いところが5つ以上あるところにしたほうがいいです。これは転職先を選ぶ基準なので必ずというわけではありません。。あくまでも選ぶ基準のひとつです。

 

この5つには転職先までの通勤距離や、自分が前職で仕事がうまくいかなかったポイントがない職場、人たちが働いているなど、あなたにとってプラスになること5つ以上あるところが転職先としては望ましいです!

 

4.3 退職理由と転職理由の受け答えは用意しておく

 

社会人2年目で退職する人は社会人全体でみると少数です。面接官によっては理由を聞かない可能性もありますが、聞かれるものとして理由を用意しておいたほうがいいです。

 

ちなみここであげているのは面接官はこういう切り口で聞いてくるはずだから、こう返すという流れを予測したものです。それと該当の会社を志望した理由です。前職との接点を持ちつつ、志望理由を言えるとベストです!

 

4.4 転職は自分で進めるという姿勢で望む

 

あと転職エージェントを使う方は転職エージェントはあくまでもアドバイザーという立ち位置なので1から10までやってくれるわけではないです!あくまでもやるのは自分自身です。

 

なのでエージェントの方に頼り切りになるのはよくないです。あくまでも自分主体で進める、内定は自分が勝ち取るという姿勢が大事です。エージェントにおんぶにだっこでは転職はうまくいきません!

 

4.5 転職活動は在職中にやるべき

 

よく仕事をやめてから転職活動をする人がいますが、辞めたほうがいいです!それは100%転職がうまくいく保証はどこにもないからです。私自身はスムーズに内定を勝ち取れましたが、そうではない友だちがいました。

 

そいつは会社をやめてから転職活動をしていたので転職が決まらずに生活費がなくなりかけたり、経済的な面で精神的に追い詰められていました。逆に働きながら転職活動したほうが、給与は入ってきますし、転職活動もできます。

 

働きながら転職活動ってきつくないですか?と聞かれたことがありますが、土日と使えばそんなに大変なことではないです。逆に退路を断って転職活動して決まらないほうがよっぽどキツイです(-_-)

5. まとめ

 

いかがでしたでしょうか?私が社会人2年目に転職した経験から大事なことをまとめてみました。いろいろ書きましたが、上に書いた内容がひとつでも参考になっていれば幸いです☆

 

仕事って意外に生きていく上で大事なものです。仕事でストレスをかかえることは生活でストレスをかかえることとほぼ同じです。なので仕事選び、仕事内容だったり、職場環境だったり、そこで働く人たちと同じ時間を過ごせるかは、ずごーく大事になります。

 

何回も何回も転職すると次の転職のハードルが次第に高くなります。なので次の転職でなるべく良いところを見つけて自分のスキルをつけるようにしてください(^O^)